サドルポスト軸受け


リアフレーム伸縮固定用クイックリリースが付く樹脂製のジョイントパーツは、サドルポスト可変のための支点の役割も兼ねています。

サドルポストの内部を、アルミパイプが水平方向に貫通しており、それを樹脂パーツで挟み込み、左右からボルトで締め付けて固定するピポット機構により自由に回転します。

この軸受けは乗車時に荷重の全てをここで受けるため、注意が必要なポイントです。


軸受け固定ボルトが十分に締め付けられていない状態で走行した場合、ボルトの欠落によりサドルが固定されず乗車できなくなったり、ボルトと樹脂パーツとが干渉することで樹脂パーツ側のネジ穴が拡がるなど破損が生じる恐れがあります。


こんな症状に要注意!
  • 乗車時にサドルが必要以上に左右に動き、乗り心地がグニャグニャする。(もともとA-bikeはサドルがやや不安定な動きをする傾向がございますが、通常よりもお尻が振れるように感じた場合は注意が必要です。)

  • 目視や触診で軸受け固定ネジの緩みが確認された。


ボルトの増し締め、緩み止め処置を行う