Logo ML Original (1).png
ATTO BLACK.png

アトー
​(ハンドル型電動車椅子)

1/6

カジュアルなデザイン、最軽量クラスの車重、

車椅子であることを必要以上に感じさせないこと

走行も保管も手軽に行えること

ユーザーに身近な乗り物であること

ATTOはこれらを表現したとってもカジュアルなデザイン。

高剛性アルミニウム製の骨格と可変機構をそのままデザインの一部として利用することで、軽快で遊び心溢れる外観を手に入れました。

​電気系回路格納部は樹脂製のアウターシェルで包み込み、耐久・耐候性を高めています。

車体重量28.2kg(バッテリー含まず)のスリムな外観ながらも十分なレッグスペースを持ち、120kgの耐荷重性能を誇ります。

 

そして、4つのモードに変幻自在

走行中以外も身軽でカジュアルな取り扱いを実現するために、簡単なステップで4つのモードに変身させることができます。

スーツケースサイズに折りたためば、お出掛け先のレストランでも邪魔になりません。およそ45cm四方のスペースさえあれば、玄関の片隅ほかに屋内保管も可能です。

トロリーモードに変身させれば、スーツケースのように転がして運べます。

本体を前後2つのセクションに分割すれば、自動車へ積載するなど本体を持ち上げる必要がある時にとっても便利です。

g2097.png

ドライブモード【走行時】

あなたの行きたいところへ、何処にでも。

g208.png

トロリーモード【運搬時】

スーツケース感覚で転がして運べる。

g2093.png

コンパクトモード【保管収納時】

工具不要、簡単なステップでスーツケースサイズに。

g2650.png

スプリットモード【荷室格納時】

2つに分割できるから、楽に持ち上げられる。

​走行性能

ATTOは前輪ホイールに内蔵するパワフルなブラシレスDCモーターの駆動により走行します。

ハンドルに設けたアクセルレバーを指先(主に親指)で操作することで、思いのままの速度調整が可能です。(最高速度は時速6km/バック走行も可能)

家庭用電源コンセントからの充電により、満充電時(所要時間4~5時間)の最大航行距離は*20km。バッテリーはワンタッチで簡単に交換できるので、追加のバッテリーをご用意いただけばさらに長距離をご使用いただけます。

*登坂走行の有無や走行速度ほかの条件により、最大航行距離はこれに満たない場合があります。モーター及び車体の登坂能力には限界がありますので、無理な条件下の走行はお控えください。

​【ハンドル型車椅子とは】

一般的に「シニアカー」、「電動 スクーター」などの呼称で呼ばれる、車椅子の一種。

ハンドル型電動車椅子の使用に運転免許証は不要です。

道路交通法上は使用中も「歩行者」の扱いとなり、歩道や路側帯を通行することが可能です。

ハンドル型電動車椅子は公道や屋外の公共スペースはもとより、*テーマパークや商業施設内での使用、鉄道ほか公共交通機関への乗り込みも条件付きで許可されています。

*使用の可否とその条件につきましては、各種施設までお問合せ下さい。

*ハンドル型電動車椅子を私用した鉄道利用に関する情報は、以下よりご確認ください。

国土交通省「ハンドル形電動車椅子を使用した鉄道利用について」

https://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/barrierfree/sosei_barrierfree_tk_000140.html

image2672.png

主な装備と、その他の特徴

g2626.png
  • 3段階の高さ調節が可能なシート

  • 柔らかく疲れにくいウレタンパッド仕様の座面

  • ハンドルの高さと角度調整

  • 速度、バッテリー残量計、進行方向表示を備えたメーターディスプレイ

  • 電源ON/OFFボタン

  • 任意に6段階の最高速度に設定可能(最高時速6km/h)

  • ハンドルユニットにUSBポートを装備

  • 警音器(クラクション)

  • ボタン式の進行方向切替(前進・後退)

  • バック走行時の警報音

  • 折りたたんだままでの充電、またはバッテリーの取り外しが可能

  • シート下の荷物スペース

  • 柔軟性に優れたノーパンクタイヤ

  • 最低地上高12cm

  • アクセルレバー連動式の自動ブレーキ

  • 急こう配や急旋回時に作動する自動減速機能

各モード時の寸法・重量

g4056.png

基本操作ガイドムービー

CEマーク、TÜV、およびFDAの認証取得

ATTOシリーズは、ヨーロッパの厳しい品質認証試験に合格した、CEマーク、TÜVおよびFDA(アメリカ食品医薬品局)認証取得済み製品です。

特に車体本体の耐久・耐候性については、乗車を想定して荷重を掛けた状態で繰り返し走行を重ねる疲労強度試験と、全方向からの噴水を一定時間繰り返す耐水性能試験において実証されています。

豊富なアクセサリー(別売)

ATTOをより便利にお使いいただくために、さまざまなアクセサリーをご用意しました

1/1